member

homemember

代表取締役 櫻井暢子
代表取締役 / 芸術家 / 受付(雲)

櫻井暢子 Sakurai Yoko

1983年 愛知県尾西市(現一宮市)生まれ。
美しい西大分でみけねこチュウと暮らす。
公園が好き。趣味はガーデニングとサウナと漫画を読むこと。

https://www.instagram.com/yookorususakurai/

人生、ねこせい、いちぢくの木せい など
いろいろなこの現し世での生きざまはありますが、
どれもがそのものに決まった意味合いがあるのではなく、
縁起(関係性)において喜びや不快、衝撃や癒やしなどを交換しています。
そのためにぜんぜんちがうものとして存在し、
その同じ種類といわれるなかですら、あまりにも違うものがきれいにながれていて
同じところで呼吸をする存在として
さあ、じぶんはなんなのだろう ということをかんがえるわけなのです。
じぶんにもひとにも、そういうことに興味をもち、このような事業をしています。
すべての縁起が抵抗のない、きもちのいい状態を目指して
わたしたちは描き出すときには”翻訳する”という在り方をとります。
すべてはそのもののなかに、すでにありありと存在しています。
わたしたちはそれを翻訳するに過ぎないような気がしているのです。
どうか、わたしたちにみなさまの美しさを描き出させてください。
それが川のようにさらさらと絶え間なくながれていくように。
みなさまにお会いできるのをたのしみにしております。

デザイナー / 取締役 松本ゆかり
デザイナー / 取締役

松本ゆかり Matsumoto Yukari

1982年生まれ 大分県日田市生まれ
専門学校卒業後、印刷会社を経て2017年入社
好き:甥っ子姪っ子と遊ぶ・漫画や小説を読む

  • 大分合同新聞広告賞「第2回新聞広告クリエイティブコンテスト」最優秀賞
  • おおいたデザイン・エイド2019「パッケージデザインコンテスト」優秀賞
  • 日本遺産 鬼が仏になった里「くにさき」
    エリアブランディングのための国東半島「谷」のエンブレムデザインコンペ 優秀賞
  • おおいたクリエイティブ実践カレッジ 第1期 / 第3期 修了

はじめましてこんにちは。 ユーンデのホームページへようこそ。

私は小さいころからイラストを描くことが好きで、
新聞に折り込まれるチラシの裏にせっせせっせと描いていました。
そこから始まって今はデザインを生業とし日々なにかを作り続けています。

目指していることや届けたい想いなど、時間をかけてお客様からお伺いし
目に見えないながらも確かにお客様のなかにある “芯” となる大切な部分を共有する。
課題や魅力を見つけて価値が伝わる言葉を絞り出す。
そして人に伝わり響くデザインという目に見えるカタチを作る。

パッと魔法のように作ることはできませんが、
ていねいに作りあげた私たちのデザインを通して

『ユーンデさんのおかげで自社の商品が以前よりもさらに好きになりました』

『パッケージが変わっただけで売れ方が全然ちがいますし
お客様からもかわいくなったねとご好評いただいております!」

お客様にとって前向きな原動力になっていたり、
成果がでたことを知ることができるととてもうれしく思います。

これからもみんなのしあわせな結果につながるより良いものが作れるようがんばります。

デザイナー 方志絵利加
デザイナー

方志絵利加 Houshi Erika

1994年生まれ 福岡県京都郡出身
大学卒業後、ユーンデに入社
好き:声優 ねこ 漫画・小説

  • 九州ADCアワード2021 新人部門賞
  • 宣伝会議 コピーライター養成講座 修了
  • おおいたクリエイティブ実践カレッジ 第5期 修了

こんにちは、めずらしい苗字といわれます方志です。
まさかスタッフページを見ていただけるなんて。
まだ怪しいけれど、ちょっと気になってユーンデ村の入り口をのぞいてみた、という感じでしょうか。
とても嬉しいです、ありがとうございます。

私は、友人の素敵な縁と偶然がかさなり
重そうな荷物を背負った笑顔の櫻井さん(ユーンデ 代表)に出会いました。
櫻井さん直筆の、手紙のような合否通知を何度も見返したのが数年前です。(ドキドキしました)

私は、デザイナーとしてユーンデにいます。
皆様は「デザイナー」にどのようなイメージがございますか?
私の学生の頃のイメージは
「めちゃくちゃ細かい、繊細なイラストや模様がかける」
「すごく独創的なデザインができる」でしたが
ユーンデに入って変わりました。

たとえば、別府第一ホテル様の制作物に登場するひつじさん。
あの子は、お客様の「あたたかな雰囲気、親しみ、眠り」というキーワードから生まれました。
難しくない、見れば誰でもかけるかもしれない単純な形状です。
ですが、たとえ単純な形でも、
お客様のイメージや、周りにどう見られたいかを考えたデザインで、
それを、お客様に使っていきたいと思ってもらえたことが大切。
見た目がシンプルだとダメで、こったものが良いのではないのだと思いました。

私たちは最終的に、ロゴマークやパンフレットなどの目に見えるモノをつくりますが、
ただ見た目をきれいにし、データとして形を作るのではなく
「何のためか」をお客様と一緒に考えていきます。
デザインの形状や色、一つ一つに意味があり、
「愛着」や、「想い」が伝わるモノができブランドが根づいていくのだと思っています。

ご依頼があった時は、どきどきし、
打ち合わせでは、そわそわ。
初稿ご提案は、どきどき、そわそわします!

それでも、お客様から「いいですね」と言っていただけたときは
答え合わせをして、はなまるをいただけたような
安心と嬉しさがあります。

もしもご縁があり、お会いできる機会がございましたら
そわそわしているのを必死で隠している私に笑ってください^^